入国管理手続きについて

入国管理局での手続き

出入国や在留資格などに関しては、「出入国管理及び難民登録法(入管法)」で手続きや必要な書類が決められています。在留期間の更新など在留資格に関するいろいろな手続きは、必要書類をもって所轄の入国管理局で行ってください。
留学生、外国人研究者とその家族に関する入国管理局への各種申請は、申請者本人が直接入国管理局で申請することが原則です。 
 

鳥取県の入国管理局

名前

住所

TEL

アクセス

広島入国管理局境港出張所 〒684-0055
鳥取県境港市佐斐神町1634番地
米子空港ビル3階
0859-47-3600 ホームページ

関連HP&連絡先

名前

URL

TEL

入国管理局インフォメーションセンター ホームページ 082-502-6060(広島)
入国管理局 ホームページ -
広島入国管理局 ホームページ -

国際交流センター及び国際交流課での申請取次

毎月、国際交流センター及び国際交流課の教職員が代理で申請の取次を行います。
ただし、申請取次であっても、入国管理局から本人への聴取、入国管理局への本人の出頭を求められることがあります。 

対象者
 

対象者

1 外国人留学生(大学で正式に受入れを行う者)
2 外国人研究者
3 上記1及び2の配偶者及び子(上記1及び2)と同時入国の場合の在留資格認定申請のみ

申請取次事項
 

申請取次事項

1 在留資格認定証明書交付申請
2 在留期間更新許可申請
3 資格外活動許可申請
4 再入国許可申請
※平成24年7月9日から在留管理制度が変更となります。変更後は、有効な旅券及び在留カードを所持する留学生が出国する際、出国後1年以内に本邦での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなります。但し、在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国してください。
申請書類受付方法及び時期等

毎月中旬2日間を受付期間とし、不備書類については提出締切日を設定する。
入国管理局境港出張所へは、国際交流課又は国際交流センター教員が毎月持参する。
1回につき30件程度を上限とする。
入国管理局境港出張所への持参日は、ホームページで周知する。 

手続きフロー

手続きフロー図 

在留期間を経過して不法滞在した場合、資格外活動許可を受けずにアルバイトをした場合、風俗営業店などで働いた場合等、法律に違反する行為をした場合は処罰されます。また、資格外活動許可を受けないでアルバイトを行えば、留学生本人はもちろん、その雇用者も共犯者として重く処罰されます。