活動機関に関する届出

平成24年7月9日から、「留学」「教授」の在留資格を所持する者は、所属機関の名称・所在地に変更があった場合や所属機関からの離脱・移籍があった場合は、出入国在留管理局に届出しなければなりません。下記届出は申請取次対象外ですので、ご自身で届出をしてください。
届出義務違反には、罰則(罰金・在留期間更新の不許可)がありますので、必ず届出を行ってください。
※なお、対象者は、平成24年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた者に限ります。

届出事項 必要書類 届出期間 届出方法・届出先
所属機関の
  名称が変更した場合
・届出書
・在留カード
※郵送の場合は在留カードの写し
変更事由が生じた日から14日以内

法務省出入国在留管理庁ウェブサイトを利用する場合  こちらをクリック>>

地方入国管理局の窓口に出頭する場合
  鳥取市・米子市にお住まいの場合は、広島出入国在留管理局境港出張所 (米子空港)に必要書類を持参してください。

東京出入国在留管理局に郵送する場合
  下記に必要書類を送付してください。
  〒108-8255 
   東京都港区港南5-5-30
   東京都出入国在留管理局在留管理情報部門
    届出受付担当 宛


※郵送の場合は、在留カードの写しを送付すること

所属機関の
  所在地が変更した場合
所属機関が
  消滅した場合
所属機関から
  離脱した場合
届出書
・在留カード
※郵送の場合は在留カードの写し
所属機関を
  移籍した場合
・届出書
・在留カード
※郵送の場合は在留カードの写し
所属機関の
  離脱と移籍をした場合
・届出書
・在留カード
※郵送の場合は在留カードの写し

※卒業後、母国に帰国する場合も「所属機関からの離脱」の届け出を行わなければなりません。