文化体験・国際交流アクティビティー

鳥取県は、北には日本海、南には中国山地が広がり、豊かな自然に囲まれているため、農業や漁業が盛んです。春はお花見、夏は海水浴、秋は紅葉狩り、冬にはスキーなど、四季折々に楽しむことができます。
鳥取大学国際交流センターでは、地域の特性を生かした農業体験やスキー研修旅行など、留学生のためのアクティビティーをたくさん計画しています。 また、地域住民の方々との交流会も毎年多数予定しています。
主な交流活動を紹介します。

4月 新留学生オリエンテーション
5月 智頭町での田植え体験・地元住民との交流会
6月 留学生と日本学生との交流会
7月 ゆかた着付け教室
8月 しゃんしゃん傘祭り
9月 智頭町での稲刈り体験・地域住民との交流会
10月 新留学生オリエンテーション
12月 柿の収穫体験
大山町での羊の世話・キノコ種付け体験(1泊2日)

学長主催「留学生を囲む集い」
2月 島根大学と合同「スキー研修旅行」(1泊2日)
3月 京都研修旅行(1泊2日)

*この他にも、お正月行事の餅つきや、地域住民との交流会などが行われました。詳しくはコチラ