健康について

保健管理センター(健康について)

突然の傷病対応や日ごろからの心身の良好な状態を維持のため,学生の健康管理に関するサポート業務を専門的な行っているのが、保健管理センターです。
専任の教員(精神科医)のほか,学校医(内科医,精神科医等),カウンセラー(臨床心理士)が応談します。また、保健師看護師が常駐しており,必要な救急処置やカウンセリングを適宜に行える体制を整えています。
鳥取大学の学生は無料で利用できますが、家族は利用できません。

利用時間
鳥取地区: 月曜日-金曜日 8:30~17:00
米子地区: 月曜日-金曜日 9:00~17:00(保健管理センター米子分室)
*年末年始,土・日曜,休日等、大学休業日は休業です

健康診断の実施

(1) 定期健康診断 
自分の健康状況を自覚してもらうために,毎年4月、定期健康診断を実施しています。必ず受診しましょう。
健康診断の時期・内容については,保健管理センター掲示板、各学部掲示板,国際交流センターホームページでお知らせします。
また、10月に入学する留学生も多いことから、留学生特別健康診断を10月に実施しています。
4月新規入学者は4月の定期健康診断を、10月新規入学者は10月の定期健康診断を必ず受診しましょう!!

(2) 臨時健康診断 
各サークルの試合・合宿等,必要に応じて精密検査を行い,スポーツ中の事故,発病等を未然に防止することに努めています。
ただし、定期健康診断を受診していないと、臨時健康診断も受けられません。

(3) 健康診断書の発行  
就職,進学,奨学金申請,体育大会等に必要な健康診断書を発行しています。
ただし,定期健康診断を受診していないと発行できません。
 

健康相談・カウンセリング

保健管理センターには,専任の教員(内科医,精神科医)及び学校医(内科医,外科医,精神科医)がおり,身体面・精神面の健康相談や,進路,修学,性格などの悩みのカウンセリングを行っています。
自分の体に異常を感じたり,不安をもったり,また慢性疾患のある人,「夜眠れない」「いつも頭がぼんやりしている」など心の悩みをもっている人・スポーツなどでケガをした人は、気軽に相談に訪れてください。

救急措置
学内で,思いがけないケガや病気になったときは、救急医薬品を常備して,医師・保健師・看護師が必要な一次救急処置を行っていますから、遠慮なく利用してください。
 

心身のリフレッシュ

ゆったりとくつろぎ,心身の健康保持・増進に役立てるために健康に関する各種図書,ビデオテープ,レーザーディスク、コンパクトディスク,マッサージ機などが利用できます。気軽に利用してください。