大学院入学前予備教育(日本語集中研修コース)

 

対象・目的

在外日本大使館推薦により日本に派遣される日本政府による国費留学生(研究留学生、教員研修留学生)が、大学院等入学前や教員研修に入る前の半年間、研究生活に入るために必要な日本語の教育を毎日集中的に行うセンター独自のコースです。日本語がまったくはじめての日本語学習者に、日本語会話、日本語文法、漢字、IT等を教育し、コース修了時には日本語による修了発表会を行います。

時間割   *学期によって変更する場合があります。

 


08:45-10:15

日本語と

コンピュータ

基礎日本語 基礎日本語 漢字と文章 日本語総合演習


10:30-12:00

基礎日本語 基礎日本語 基礎日本語 基礎日本語 基礎日本語


13:00-14:30

基礎日本語 漢字と文章 専門基礎日本語 基礎日本語 基礎日本語


14:45-16:15

        日本事情

         

授業内容・教材

基礎日本語
 オリジナルテキスト『にほんご にこにこ』や教師の作成する教材を使って,身近なトピックをもとに,必要な表現を身につけながら,日本語での基本的なコミュニケーションができるようにします。

漢字と文章
 テキスト『みんなの日本語初級Ⅰ 漢字(英語版)』(スリーエーネットワーク発行)に沿って漢字の基礎を学んだり,生活で目にする漢字をとりあげたりすることにより,理解できる漢字の数を増やし,少しずつ長めの文章の読み書きができるようにします。

日本語総合演習
 既習事項を整理して運用したり,各学習者の課題を解決したりします。

日本語とコンピュータ
 コンピュータの基本的操作,入力を日本語で行い,研究活動に役立てられるようにします。

専門基礎日本語 
 学習者の専門分野で使われる基本的な用語や表現を学び,自らの専門について少しずつ日本語で話せるようにします。

日本事情 
 留学生が日本で生活をする上で必要な日本のさまざまな事情をとりあげ,知識を深め,考察を交わします。