Kyoto Trip

DOAN THI HUE from Vietnam  

京都旅行のレポート

3月5・6日の京都旅行は終了しました。時間が普通より早く感じました。二日しかないのに、色々な名所に行けてたくさん勉強になりました。美味しい食べ物を食べたり、国際友達ができたり、日本の都の景色を見物したりして非常に楽しかったです。写真が大好きな私はたくさん撮っていました。ベトナムに帰ったら、これらはいい思い出だなと思っていますので、大切にします。バスで3時間半ぐらいかかり、京都の清水寺に到着しました。これは鳥取大学の先生方と日本人学生サポーターと留学生の写真です。

Irenaさんは貴婦人のような座り方でDavidさんの顔は真っ黒ですね。今回担当の先生はアキログ先生と智恵さんですが、写真を撮るので入りませんでした。天気がちょっと心配でしたが、雨が降らないで良かったです。

清水寺に登る道には店がたくさんで賑やかです。我慢できないので、私は下駄と折りたたみ傘を買いました。そして、面白いワンちゃんに会いました。後ろ足でずっと坂を登っていました。とても素晴らしいです。

清水寺は非常に立派で美しい景色があります。桜がまだ咲いていなかったので残念です。「桜がまだ咲いていなくてもこんなに素晴らしいの?咲いたらどうなるのか。」と私は考えました。やはり清水寺の一番のみどころは清水舞台です。地上約12メートルの高さから昔の人たちは物事をはっきり決心するため、飛び降りたそうです。前回の11月に清水寺に行ったことがありますが、今回の景色は変わった気がしました。前回はまだ修復中だったので、今回はもっと綺麗になりました。

次に金閣寺に行きました。

智恵さんと愛ちゃんと一緒に見物しました。金閣時は3階建てですが、それぞれの層に特徴があります。一層は法水院で二層は湖音堂の武家造りと三層は中国風禅宗仏殿造りだそうです。一番上のはゴールデン鳳凰です。とても立派なお寺です。

午後5時に宇多野ホステルに到着して晩ご飯を食べたり、ゲームをしたりしました。そして、ロビーでおばちゃんに紙芝居をしてもらったりしました。とても面白かったです。おばちゃんから日本全国の紙芝居をする人が10人以下しか残っていないと教えてもらいました。残念だなと思いました。私は質問に答えられたのでプレゼントをもらいました。指輪で嬉しかったです。寝る前にお風呂に入りました。初めは恥ずかしかったです。入りすぎなので疲れて、目眩がして、知らずない間によく寝れました。良かったです。

次の日、グループを分けて見学に行きました。

まずは銀閣寺です。金閣寺と同じ形ですが、銀閣寺は2階だけがあって、周りに緑が多く、枯れ庭がとても美しいです。注目するのは向月台です。昔の人はここに登って美しい月を見ながら俳句を読んだそうです。時間がないので早めに行きました。私はもっとたくさんの時間が欲しかったです。ゆっくり景色を見たり、案内が書いてある板を読んだりしたいです。しかし、時間がなかったので無理でした。

  

次は扇子作りを体験しました。自分で絵を書いて素敵な扇子ができました。みんなが集中的に本気で書きました。これは私の作品です。

最後に三十三間堂に行きました。写真は禁止でした。入った途端、びっくりしました。目の前に仏像が長く並んでいました。とても信じられませんでした。皆静かに見物して、行ったら行くほど寒くなると感じました。馬鹿な私は千手観音立像を数えるのを頑張りましたが、できませんでした。本堂の真ん中に立派で大きな仏像が見えました。私の心がちょっと静かになりました。

帰る頃、みんなが疲れた顔をしてバスの中で寝ました。先生方と日本人学生サポートが熱心で留学生たちを感心させて下さりました。鳥取大学に留学できて、とても運がいい。私は感謝したいです。よく聞かれるのは鳥取は何もない、田舎だ!です。その時私は大変怒ります。「そう、何もない。そう、田舎だ。しかし、鳥取の人たちの心はたくさんあるよ」と満足しながら答えていす。理由は私にも分かりませんが、京都の旅行の終わりに、鳥取のことをもっと大好きになりました。「住めば都」ではないのかと思いました。