新規マレーシアプログラムモニター募集

プログラム概要

新たなマレーシア短期交流プログラムを開発中です。今までの交流プログラムは言葉と文化を軸とするのに対し、社会、企業を視察し、現地社会・個人と交流することを重視する取り組みです。

また、日本人学生一人に対しマレーシア人学生一人という仕組みで、マレーシアの大学生と対等に学び、フィールドワークに参加します。

2022年度春期ではプログラムの試行として、7日間、8人(日本・マレーシア各4名)のグループで実施します。
そこで、鳥取大学の学生モニターを4名募集します。
宿泊と航空券は自己負担ですが、マレーシアでのプログラム費用を大学が負担します。

研修先

マレーシアプトラ大学 Universiti Putra Malaysia

研修期間

令和5年3月4日~3月11日

応募条件、選考

  • 学部生(1−2年生優先)
  • 面接(語学力、経歴、意欲)で選考します
  • 保護者の承認を得ている者
  • 「海外安全教育」の修得者、又は、「海外安全マネジメント」の修得者及び現在、履修中の者
    *ただし、研修開始前に不合格、または未履修が確定した場合、研修には参加できません。

定員

4名(男女各2名)

研修内容 

マレーシア社会の様々な現場を、マレーシアの学生と協働しながら見学・観察することが主な内容になります。

 

現場で色々な人の話を聞き、グループ内で討論を重ねる形式となっています。

マレーシアの農村、華人社会、マレー民家、ショッピングモール、そして、JICAJETRO日系企業の見学、海外日本人の経験談など、社会の一側面ではなく、様々な側面を見ることで、より「グローバル」な見識が得られる構成となっています。

 

 


 

参加費用

  • 18〜22万円(宿泊費、航空券、保険料だけを学生が負担します)
  • 上記以外の経費以外で自己負担するもの:
    出発前泊費用等、国際空港までの往復交通費、パスポート申請代金

宿泊先 

クアラルンプール市内のホテル