夏期アメリカ英語研修

プログラム概要

鳥取大学では、夏休みにアメリカ、カリフォルニア大学デービス校(UCデービス)において英語研修を行います。UCデービス、エクステンションで実施される英語研修「Communication and Culture Program」に参加します。滞在中はアメリカ人の家庭にホームステイし、アメリカの文化に触れながら日々の生活の中で生きた英語学の習得が期待できます。プログラム開始時に実施されるプレイスメントテストでレベル別に分かれてプログラムを受講できますので、初心者から上級者までレベルにあった内容で研修が受講できます。

研修期間(平成30年度)

2018年8月10日(金)~9月7日(金) 約4週間 (移動日除く)

研修先

アメリカ合衆国デービス市カリフォルニア大学デービス校(最寄り空港サクラメント空港から車で20分、サンフランシスコ国際空港から2時間)

研修内容  

  • 1日4時間の英語の授業 月~金 午後(12:40~16:30) 
  • Everyday Expressions and Idioms、Intercultural Research Project、US Society and Culture、Listening and Pronunciation
  • 放課後(16:30~)はMovie and PopcornやConversation Club、Ice Cream Socialなどのアクティビティあり
  • 週末は小旅行(Napa Valley、サンフランシスコ視察、ヨセミテ国立公園など)あり(参加費別途必要)

 

 

応募条件

  • 全学部の学部学生及び大学院生
  • 保護者の承諾を得ている者
  • 出発前ガイダンスに出席すること
  • 出発までに「海外安全マネジメント」を履修し、単位を修得するもの

費用

授業料、学生サービス料 約25万円 $1=\110で計算

ホームステイ経費(3食付)   約12万円 

航空券代(関空発着、諸税込) 約23万円

合計   約60万円

※パスポート申請代金・ビザ申請料・海外旅行保険・関西国際空港までの往復交通費など別途各自負担

※週末のアクティビティ参加代80~200ドル/回は含まれません。

宿泊先

UCデービス校近郊のアメリカ人家庭にホームステイします(3食付)

単位認定

総合英語Ⅰまたは総合英語Ⅱとして1単位認定することができます。

<単位認定申請期間> 各学期の履修手続き期間内

<単位認定に必要なもの>修了書および成績証明書

*申請した場合、6月もしくは12月頃、所属学部から単位認定書が発行されます。詳細は、所属学部にご確認ください。

定員

15名

事前事後研修

参加候補生決定後、事前研修を5回程度実施予定です。

なお、事前研修は、お昼休みの12時10分~12時50分の時間を利用予定です。

帰国後合同での事後研修があります。

問い合わせ先

鳥取大学教育センター 小林准教授 メール:kobayashi@uec.tottori-u.ac.jp, Tel:0857-31-5619

鳥取大学国際交流課学生交流係:kokuko-gaku@adm.tottori-u.ac.jp, Tel:0857-31-5056