学生たちのデービス滞在記(第4回・5回)


The Road to UC Davis
~学生達のデービス滞在記第4回~

 こんにちは。Davis滞在記も第四回目になりました。今回は授業以外の日常生活について紹介したいと思います。

 こちらでは9人全員ホームステイをして毎日UC Davisに通っています。それぞれ別の家庭にお邪魔しているので、食べ物や生活スタイルは様々です。私の住んでいる家にはホストファザーとホストマザーと20代の娘さんがいます。それから、日本人の他大学の学生2人も一緒に住んでいます。とても仲のいい家族です。

 アメリカの食生活ですが、私の場合は朝シリアルで、お昼は自分達でサンドイッチを作って持って行き、夜はお肉料理にご飯(タイ米)またはパン、レタス、フルーツ(メロン、すいか)を自分の食べる量だけとるスタイルが主です。味付けは日本の洋食の味付けとあまり変わりません。食事は家庭によって本当に様々なものがあるようなので、アメリカのごはんはこうだ、と決めるのはとても難しいことだと感じました。

  食事を食べた後はホストファミリーに宿題に協力してもらったり、簡単な遊びをいくつか教えてもらったり、時間のあるときは一緒にDVDを見たりします。私が一番楽しかったのはテニス好きのホストファザーにテニスを教えてもらったことです。何かを一緒に楽しむと、全てを聞き取れなくても雰囲気や表情で相手の伝えたいことが分かるので、言葉の壁なんか本当にないように思えました。

←ホストファザーと娘さんが試合をしている所です。ホストファザーが勝ちました。

 

 ところで、こちらでの英語の授業は午後に行われているのですが、午前中は何をしているのか気になりませんか?

 皆、思い思いに過ごしているようですが、何人かは農場に時々お邪魔しています。 農場は私たちが授業を受けているエクステンションの建物のすぐ隣にあります。私は今まで4回程行きましたが、トウモロコシ、インゲンやズッキーニの収穫、草抜き、週に一回販売しているという収穫物の袋詰めなどを手伝いました。日差しが強いので作業中はとても暑いです。でも少しずつ休憩をとって、近くになっているイチジクやぶどう、プルーンを自由にとって食べられるのでとても幸せな気分になれます。農場で働いている方は大学を卒業したばかりの方がほとんどです。みなさんとても親切で作業の仕方を私達に分かるように説明してくれます。

 日本と違って畑の土の表面は乾いていますが、作物はとても立派に生長していました。 1ヶ月しかいない私達を快く受け入れてくれてもらえて、とてもありがたく思いました。 英語の勉強がメインだけど、ここに来て人とつながりをもつことのおもしろさも学んでいるように思います。本当に恵まれた環境の中にいるということを忘れずに、残りのDavisでの生活を有意義に過ごしたいと思います。

 

とても広い農場です。トマト、→
ナス、ピーマン、じゃがいも、ここなら何でもそろいそうです。

←袋詰めにして販売する野菜が並んでいます。
イチジクやブドウも入って1バケツ18ドルだそうです。安い!!

(H22.8.30 農学部 S.T))


 こんにちは。第4週担当の高木です。今週はUC Davisのある研究室を見学させてもらったので、紹介したいと思います。こちらでポスドクをしている方に案内してもらいました。

☆研究所の正面玄関
Plant Biology系の研究室が多く集まっている。建物自体は築10年余りの比較的新しいものらしい。

 この研究所は数多くあるUC Davisの研究所の中でも特に見学者が多いとか。 訪問客のお目当ては螺旋階段を突き抜けるDNA塩基配列。実際に存在するDNAの塩基配列を忠実に再現していて、結構有名らしいです。

ゴールデンゲートブリッジ

 この建物の特徴は、人を主体に作られているところです。どういうことかと言いますと、人が長い時間過ごす部屋には必ず光が入ってくるようになっていて、その他の暗い部屋に実験器具を集めています。実際行ってみると建物の両端に設けられた研究室には光が入っていて、中心の窓のない部屋に実験機材が集まっていました。更に実験室が集まる中心には通路があり、各研究室の行き来を容易にしていました。研究室と言うと、外部から遮断された暗くて機械的なイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかしこの研究所は、スタッフ達にストレスフリーな環境を与え、人間らしく生きてもらおうという意図を感じさせます。

メジャーリーグ

☆研究室の写真
この写真は午前中に撮ったもの。
この部屋には午前中あまり日が射さないという話だが、それでも十分な明るさ。

☆実験機材が集まる部屋
窓がなく日の光が差さない
両側に扉があり、研究室同士の行き来を容易にしている

 階段を上がるっていると上の階から賑やかな声や、食器の音が聞こえてきました。上に上がると、お食事会の準備中でした。

 これは毎週金曜日に設けられた『ソーシャルタイム』というものです。この研究所のほとんどの研究者達が集まり、楽しくお喋りをするために設けられています。普段はドーナッツと飲み物らしいですが、夏季は各研究室が持ち回りで料理を振舞っています。日本では、こんな形で他の研究室と交流する機会が毎週、しかも昼間に設けられることはまずないので驚きでした。ここに来るまでは、研究者たちはものすごいハードワークをしているのだと思っていましたが、土日をしっかり休む人も多いようです。むしろ限られた時間でいかに効率良く仕事が出来るかに重点が置かれているように感じました。  

 

[実験器具の紹介]

☆サンプリング用の机
涼しくて椅子もあって快適にサンプリング出来る。私にとってサンプリングは、蒸し暑い小屋の中での立ち仕事であったので、ちょっと羨ましい。

この緑の箱の中で植物が生育している。奥行きがかなりあるので
膨大な植物サンプルが存在すると思われる

☆ただのガスバーナー
日本は湿度が多く、クリーンベンチを使って無菌状態にしなければならないが、Davisは乾燥しているため、ガスバーナーを焚いて、その近くで作業すればOKらしい

 

☆マイナス80℃の冷蔵庫(右側の白い箱)
一回開けると中との陰圧が発生して開かなくなってしまうことがあるらしい。
日本にいた時は、日本製の機材を使っていてこんなことはなかったとか・・・
☆巨大なデシケ―ター(右側手前銀の箱)
形が日本の物と異なる。容量は大きいが、性能は日本製のものよりずっと悪いとか・・・

 研究機材1つ1つが特別に良質で、機材や種類が豊富というわけではないといった印象でした。しかし、巨大なスペースと大量の機材が生み出す大規模な実験には圧倒されました。日本の研究機関も捨てたものではないと思うと同時に、規模の大きさでは到底勝てそうになさそうだなと思いました。

(H22.8.30 高木)


The Road to UC Davis
~学生達のデービス滞在記第5回~

  In a car on my way to my host-family house, I've completely made it a habit to try to catch English from the radio. One month earlier, I thought I hoped I would understand what they were talking about within a month. Now I just realized that it is too short for me to learn English in just one month. However, I've learned a lot of things from this experience. Since I came here to the U.S., I've felt that American values are definitely different from Japanese ones and it gave me a chance to rethink what Japanese are or Japan is. It isn't sometimes easy to understand new values. It reminds me of the story of Thanksgiving, it is known as the biggest event here in the U.S. In the class, one of the professors told us about what it happened, what the origin was.
 Heroes in this story are people called "Pilgrims" ,the founder of America. The Pilgrim left Plymouth, England in 1620 because of religious persecution. They wanted to start a new life in the New World (America) and practiced their religion in freedom. Their sea voyage was very difficult and many of the Pilgrims died. Finally they arrived on the north east coast in North America. At the time, that area was wilderness. It was almost winter and they had no homes and little food.  The winter was very cold and harsh. Almost half of pilgrims died from starvation and sickness. 
 However, soon they became friends with the local Native American Indians who showed the pilgrims how to grow food, namely corn, pumpkins and beans. The pilgrims worked hard and the summer harvest of 1621 was excellent. The pilgrims declared a three-day festival to thank God and to celebrate the wonderful harvest with their friends, the Native American Indians, who had helped them so much. This is the origin of Thanksgiving. 
 So Thanksgiving is a symbol of their strong bond between the Pilgrims and the Indians, many people don't know about that today though. Now, it is not so hard for me to imagine what the pilgrims felt when they met people who were incredibly different from themselves. And also their burden to try to know each other goes beyond my imagination. I'm on that way now. I should keep on trying to take new culture and values. From next month, I am going to start a new life in Mexico and stay there for 3 months. I’m ready to give a try to anything. I hope the day would come when I could thank God for all I would have and all people who I’ve already met and I would meet from now in 3 months, like Thanksgiving.

Pictures from Graduation Ceremony
One of my friends who I met in Davis

(H22.9.6 農学部 T.T))


 とにかくホームシックならぬデービスシックにかかってしまい、さみしくて仕方ないのですが、今回のデービス滞在記では、私の一日の生活を書いていこうと思います。

まず朝8時に起床します。農場に行く人たちはもっと早く起きて行っていたようですが、僕は興味がなかったので朝はゆっくりしました。授業は午後からなので、結構暇な時間があります。しかも朝はホストマザーが子供たちを学校に送っていたので、家に誰もいない時間がありました。その時間を利用して自習や宿題をしていました。

そんなこんなで学校へ行く準備が終わるのが午前10時ごろです。午前11時前になって途中までホストマザーに送ってもらいバスに乗り換え学校へ向かいます。学校での生活は皆も書いているのでスキップして放課後の話をします。

放課後はご飯にいったり、飲みに行ったり、遊んだり、人によって様々です。私も一度こっちでできたイタリア人の友達の家に行ってご飯をごちそうしてもらいました。そのお返しに日本料理を作ると言っていたけど時間がなくて、結局インスタントみそ汁しか渡せなかったのが心残りです・・・。

ホームステイ先に帰ったら、テレビを見て家族の会話に参加して、日常会話を学んでいました。この日常会話にはスラングや聞いたことのない熟語がふんだん飛び交って、ついていくのに必死でした。ていうか置いていかれました。この経験から思ったのは、こっちに来る前に単語や熟語の勉強をもっとしっかりやっておくべきだったということです。そして皆が寝てから私もベッドに入るというような生活でした。

こんな感じの生活を毎日していましたが、一日が過ぎるのが本当に早かったです。本当に楽しくてもう1カ月たっちゃったのか??と疑問に感じるほどです。この1カ月の間で出会った人たちのおかげで世界が広がりました。英語はもちろんのこと価値観も変わったように思います。

 

イタリアの友達とその彼女:料理上手です!!

ホストマザーと娘さん:ほんとにいい人たちでメキシコへ向かう日号泣しました。

 

(H22.9.6 地域学部 T.T)