鳥取大学ITP

鳥取大学は、鳥取大学インターナショナル・トレーニング・プログラム(TU-ITP) のもと、「乾燥地における統合的資源管理のための人材育成」プログラムを実施し、乾燥地研究分野において国際的通用性のある人材を育成しています。

例年、海外パートナー機関のもとで講義受講・フィールド視察と修士論文の研究計画作成を進める約2週間の「コースワーク」を実施していますが、本年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴いこれを取り止め、修士課程又は博士前期課程学生を対象に、国際乾燥地研究教育機構並びに海外協力研究者による全7回の遠隔講義「オンライン演習」を実施します。

※本オンライン演習を受講した学生は今年度に限り、抱き合わせで開講する国際乾燥地科学専攻の科目「海外実践演習(E)」を履修したこととし、1単位を得ます。(農学または工学専攻の学生は、他専攻履修となるため事前に各専攻長へ事前に相談のこと。)

※海外研究機関においてフィールド調査、研究、論文作成等を行う最大11カ月間の「フィールドリサーチ」は、感染拡大の状況を鑑みて実施時期・派遣先を検討します。また「フィールドリサーチ」への参加には、上記オンライン演習(海外実践演習(E))への参加を必須条件とします。

興味のある方は募集説明会に参加してください!

日時: 7月17日(金)10:00~

場所: 共通教育棟 B棟 B21講義室

詳細はこちら→2020年度TU-TIP募集要項

参加希望者は下記から申請書をダウンロードして、国際交流課まで提出してください。

応募締切:7月31(金)16:00厳守


◆応募申請書は、こちらからダウンロードできます