マレーシア社会人文研修

参加を希望する人は、以下の動画と資料を必ず確認してください

2023年度のマレーシア社会人文研修個別説明会動画

説明会資料

プログラム概要

マレーシア・クアラルンプールにあるマラヤ大学で、英語を使って、マラヤ大学の人文社会学部の授業を体験する、コンテンツベースのプログラムです。少人数、他大学の日本人学生と一緒に(全15名)で社会、人文関連の講義を受講します。また、文化体験の授業や小旅行もあり、マレーシアの歴史や文化に直接触れることができます。このプログラムは、マラヤ大学の学生が、バディとして参加し学習や生活サポートをしてくれますので、学生同士の交流も深められます。

(開催期間と開催学部はマレーシアファーストステップ英語異文化研修を同じですが、英語研修ではありません。)

 

プログラムの特徴

マラヤ大学のプログラムが持つ魅力として、元英植民地の多民族社会であるマレーシアでの研修では多民族社会の中の宗教、文化、言語の環境を経験することができます。また、マラヤ大学はマレーシアではトップ、世界ランキング70(QS World University Rankings 2023)な大学で、将来の専門・研究留学先としても考えられます。主催の社会人文社会学部では、語学学習や施設見学のほかに、特に伝統音楽と舞踊の体験に力を入れています。

研修先

マレーシア・マラヤ大学人文・社会科学学部

研修期間

2024年2月18日(日)~3月10日(日)

定員

3名

応募条件・選考

  • IELTS 4、TOEFL 450以上、TOEIC450、またはそれに相当するもの
  • GPA、TOEICスコア、申込書の内容により選抜

研修内容 

東南アジア事情、国際関係、メディア、ジェンダー、コミュニケーションの各コースとセミナーがあり、将来の研究と自己開発に関連したグローバル能力をを身に付けたい方に適しています。

参加費用

 約45〜50万円

〈参加費に含まれないもの〉
日本国内移動費・出発前宿泊費、海外旅行保険、パスポート申請代金等、食費など

宿泊先 

大学と隣接する研修ホテルUrban Living(個室部屋)
エアコン、温水シャワー、WIFI、洗濯設備など完備

以下のリンクからホテル情報や写真を見ることができます。
https://mahsaavenue.com.my/urban_living/

注意事項

他大学と多人数で合同開催のため、それに関連するリスクを十分に理解するための、参加前説明会に必ず出席すること(11月17日予定)

単位認定

単位は出ません。

プログラム参加方法

応募フォームより申し込んでください。
応募者多数の場合は、プログラム毎で各条件により選考します。

申し込み締め切り

◎11月15日(水)