国内短期集中英語研修(国内英語イマージョンプログラム)

※鳥取大学では、海外研修と比較し格安で参加できる国内英語研修を用意しています。 

現在参加者募集中!お申し込みはこちら
https://www.ciatu.tottori-u.ac.jp/online-application/h30-immersion2


<2018度第2回国内英語イマージョンプログラム> ※初中級者コース

◆プログラムの目的

国内英語イマージョンプログラムでは、ネイティブスピーカー講師の指導による英語づけ(immersion=没頭・浸すこと)により英語の実践能力及び国際理解力の向上を目指します。

◆プログラム内容

英語初中級の学生を対象とし、英語実践能力(会話力、プレゼンテーション力、聴解力)の向上を目指す2泊4日の短期集中コースを実施します。研修期間中は英語のみを使用し、英語を話すことへの抵抗をなくし、海外研修に参加する自信と英語のコミュニケーション力を向上させます。

◆研修・宿泊場所 休暇村竹野海岸(兵庫県豊岡市)・鳥取キャンパス

◆研修期間 平成30年9月18日(火)9:00~16:00 (鳥取キャンパス)
平成30年9月19日(水)8:30~9月21日(金)18:30(休暇村竹野海岸)2泊4日

◆参加費用 約18,000円(鳥取キャンパス~竹野海岸交通費、宿泊費、食費(朝2昼3夜2)、保険料)
※鳥取キャンパス集合解散のため、鳥取キャンパスまでの交通費は各自負担です。
※米子の方は、湖山クラブ(鳥取キャンパス内)に空室があれば9月18日の宿泊ができるよう手配します。費用は自己負担です。

◆定員 15名  ※応募者が8名に達しない場合は実施しません。
選考方法:応募書類、TOEIC等により総合的に決定します。

◆募集期間・応募方法
募集締切:8月19日(日)23:59
応募方法:以下のHPからオンラインで応募してください。
https://www.ciatu.tottori-u.ac.jp/online-application/h30-immersion2

◆応募条件
全学部生、大学院生(TOEIC400点程度以下)

◆単位認定
なし

◆参加者決定
参加候補者の発表は8月24日(金)にメールで行います。必ずメールをご確認ください。

2018年度実施計画

  日程 場所 対象 (TOEICスコア)

費用

1 6/9(土)~6/10(日) 1泊2日 休暇村蒜山高原 初級(350程度以下)

1万円程度

2

9月18(火)~9月21日(金)2泊4日 (9/18は鳥取キャンパスで実施)

休暇村竹野海岸・鳥取キャンパス 初中級(400程度以下)

2万円程度

3 12/1(土)~12/2(日) 1泊2日または日帰り 鳥取市周辺 中級 (400程度以上)

日帰りの場合格安、1泊の場合1万円程度

4 3月15日頃 2泊3日程度(出発前日に事前研修あり) 休暇村竹野海岸 または 休暇村蒜山高原 初中級 (400程度以下)

2万円程度

※日程等変更の可能性があります。詳細が決まりましたら本ページに掲載します。


<2018年度第1回国内英語イマージョンプログラム> ※初級者コース

6月9日(土)から10日(日)まで、7名の学生が参加し休暇村蒜山高原で第1回国内英語イマージョンプログラムが実施されました。オーストラリア出身のショーン大谷先生が講義を担当し、国際交流センターの教員1名とティーチングアシスタント(TA)として留学生2名が参加しました。

バスの中では、少人数グループに分かれ、自己紹介をしながら英語に慣れていきました。最初は自信なさそうに話している学生もいましたが、少人数制で話す機会が多く持てたこともあり、だんだん自信をつけてきました。

到着後は、ショーン大谷先生によるオーストラリアについてのプレゼンテーション。オーストラリアについての各種情報やオーストラリア英語の独特の表現も学びました。午後からは、バス車内で行った自己紹介に更に文章を追加して内容を充実させていきました。最初はシンプルであった文章も、少しずつ長く、かつ様々な文法要素を取り込んだ文章となっていきました。続いて、Process Writingのクラス。与えられたトピックについて、文章の流れを作っていきました。この時のトピックは「マンゴーとわさびとチョコレートの入ったビザの作り方」、各グループはそれぞれ個性的なピザを考えました。

午後の後半はTAによるエチオピアの紹介。普段あまりなじみのないアフリカの国について学びました。夕食は刺身やしゃぶしゃぶまで出されたバイキング。ここでも、料理名、マナー等に関する英語を学びました。夕食後には翌日のクラスで紹介するための動画をインターネットで探しました。

2日目は朝7時の散歩で始まりました。朝食前の約1時間、宿舎周辺を散策しました。おいしい朝食をいただいた後は、早速2日目の講義が始まり、カナダのプレゼンテーション、そして1日目に作った自己紹介をさらに詳しくしました。午前の英語でのディベート。宿舎に温泉が付いていたこともあり、テーマは「シャワーorバスタブ」、「温泉でのタトゥーの可否」でした。与えられた側に立っての議論、普段慣れない学生も多かったですが、TAのサポートを受けながら非常にしっかりとした発表・議論となりました。

最初は緊張気味であった学生も、2日目には授業があっという間に終わってしまったと感じるほどの集中力を発揮。参加者の中には夏休みに海外研修に参加する学生もいますが、そういった学生の影響を受けて自分の海外に行ってみようと思い始める学生も出てきました。2日間の短い期間ではありましたが、これからの英語学習への大きな一歩となったことと思います。

 


<2017年度第4回国内英語イマージョンプログラム> ※初級者コース

3月27日(火)、28日(水)に9名の学生が参加して、大谷Sean講師の指導の下、教育センター福安教授、TAとしてレバノンからの研究者も参加し、平成29年度第4回国内英語イマージョンプログラムが休暇村竹野海岸(兵庫県豊岡市)で実施されました。

前日26日には、鳥取キャンパスにおいて事前研修を実施し、参加者による自己紹介、講師およびTAによる母国紹介プレゼンテーション、また、TU-ITPおよびトビタテ!留学JAPANで留学した学生によるチュニジア・イタリアへの留学紹介についての発表も行われました。

27日は、岩美町槇谷の「山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館」を訪問し、3Dシアター「大地と海の物語」の英語版を視聴し、山陰海岸ジオパークについて学んだ後、休暇村竹野海岸に移動しました。 プログラムは全て英語で実施され、海外旅行・海外研修・ホームステイの準備にもなるコミュニケーション力の向上、外国人研究者TAとの交流等による異文化コミュニケーション能力の向上を目指しました。参加者は、日本(山陰)の地形、地質、歴史、文化を再認識し、海外からの訪問者にも紹介できるよう、パワーポイントによるプレゼンテーションができるよう指導を受けました。9名の学生は個別指導も受けながら、

最終日には学生それぞれが山陰海岸ジオパークについての様々なテーマを設定し、自分らしい個性豊かなプレゼンテーションを行いました。参加者からは、英語が身近になった、自分の英語力を自覚できた、プログラムにとても満足しているとの意見があり、学習意欲が高まり、英語に対する自信がついたという学生が多くみられました。

 

 

 


 <2017年度第3回国内英語イマージョンプログラム>

12月9日(土)、10日(日)の2日間、21名の学生が参加して、Tremain Xenos講師の指導の下、TAとしてエチオピアからの留学生も参加し、第3回国内英語イマージョンプログラムが語学シャワー室および鳥取市国際交流プラザで実施されました。

まずは自己紹介から始まり、少人数のグループに分かれてのゲーム形式を取り入れた会話や、与えられた時間中英語で文章を書き続けるライティングの練習、自分たちで決めたテーマによるディベート、イディオムの学習など、全員が話す機会を持つよう工夫された授業で英語力向上に取り組みました。はじめは人前で英語を話す緊張感も見られましたが、時間とともに積極的に発言する学生が増えてきました。

9日の夜は、エジプトとメキシコからの留学生も加わり、エジプトとメキシコの料理を作りました。夕方まで授業を受けた後でしたが、料理に関する英語も学びながら、全員で料理を完成させました。20名を超える参加者ということもあり、調理には普段とは違う苦労もありましたが、料理と英語での会話を楽しむことができました。

2日目のディベートでは、参加学生から提案されたテーマの中から「子供にスマートフォンを持たせるべきか」、「環境と技術はどちらが大切か」の2つのテーマに絞り、希望するテーマに分かれて実施しました。双方とも身近なテーマであり、グループ内で英語を使って議論しながら熱心に準備をしていました。多くの学生にとってディベートの経験があまりないためか、最初は講師の指示を正しく理解できていない場面も見られましたが、講師やTAの丁寧な指導もあって、賛成および反対のそれぞれの立場で意見を出し合い、また相手側の主張に対する反論も少しずつできるようになりました。

  

 

 

 

 


 

<2017年度第2回国内英語イマージョンプログラム>
 研修先・宿泊先

鳥取市サイクリングターミナル砂丘の家

研修時期・期間
平成29年9月25日(月)9:00~9月28日(木)17:00 3泊4日

参加費用 約15,000円

参加人数 9名

プログラム内容
アメリカ人講師からアメリカの歴史文化について講義を受けた後、砂の美術館で課題に取り組みながら砂像を鑑賞しました。シェークスピアの詩を学び、英語の詩の作成をしたり、最終日には英語で日本の文化について紹介するプレゼンテーションを実施する等英語づけの4日間を過ごしました。

 

  

Date

Time

 

9/25 (Mon.)

9:30 

              

10:00

10:30    

10:45    

11:00         

      

 

12:00-

13:00

 

14:00

16:00

18:00-

19:00

20:30

Arrival; orientation

Outline roles for English-only policy

Student self-introductions

Teacher introduction

Free Writing

American history & culture presentation

Discussion on American history as preparation for Sand Museum visit

LUNCH

Students visit Sand Museum

Personality analysis activity

Discussion on stereotypes (personality & national)

Short video & analysis

DINNER

Game: Fishbowl

End of Day 1

9/26 (Tue.)

9:00

 

 

11:30 

12:00-

13:30

14:00 

18:00-

19:00

20:00

20:30

Workshop: Cultural differences in the English-speaking countries (Focus on US, UK, Canada and Australia)

Short video & analysis

Free Writing: Feedback on activity

LUNCH

Introduction to English poetry

Shakespearean sonnet workshop

Presentation: The History of English

DINNER

Brainstorming ideas for their own presentations

End of Day 2

9/27 (Wed.)

9:00

9:15

10:00

10:30

12:00-

13:00

 

14:00

15:00 

18:00

19:00

20:30

Free Writing

Draft presentation outlines

Feedback and discussion 

Students begin formally building presentations

LUNCH

Group storytelling activity

Presentation about presentations

Group discussion on how to present best and most effectively

Students complete their presentations

DINNER

Student free time

End of Day 3

9/28 (Thu.)

9:00

10:30

12:00 

13:00

16:00

16:30

17:00

Teacher/TA assistance with presentations

Presentation Block A (3 persons)

LUNCH

Presentation Block B (4 persons)

Questionnaire

Closing Ceremony

End of Intensive

  

<2017年度第1回国内英語イマージョンプログラム>
 プログラム内容

英語実践能力(会話力、ディベート力、聴解力、プレゼンテーション能力)の向上を目指した集中コースおよび世界観を身につけるGlobal Studiesを実施します。研修期間中は英語のみを使用し、ホームステイを想定した英語での生活体験を通して海外留学に必要な英語でのコミュニケーション力を向上させます。

研修先・宿泊先
鳥取市サイクリングターミナル砂丘の家

研修時期・期間
平成29年6月9日(金)夕方~6月11日(日)夕方 2泊3日


◆問い合わせ先
 国際交流課国際戦略推進室 kokuko-renkei@ml.adm.tottori-u.ac.jp 0857-31-5052

教育センター 福安 勝則 教授 kafukuya@uec.tottori-u.ac.jp 0857-31-5647

国際交流センター 竹田 洋志 准教授 takeda@ciatu.tottori-u.ac.jp 0857-31-5842